→瀬戸内カヤック横断隊について←




←瀬戸内カヤック横断隊隊員の公開グループページはこちらのバナーから。

Entries

2012第十次瀬戸内カヤック横断隊レポート 大田 裕治

「 第十次瀬戸内横断隊・・隊長勇退の巻 」  大田 裕治「なんじゃこりゃ~!」で始まり、「ヴォーッ!ヴォーッ!」でゴールを切った第十次横断隊。途中参加を含め総勢四十名(四十艇)近くに及ぶ大所帯ながらも、それなりに何とか無事に完漕できやした。そして、節目の十年、十回目を内田隊長以下いつものセトモノ(瀬戸のつわもの)たちと共有でき、おまけに最後の田ノ浦~祝島間を祝島の清水さんと橋本さんの船が伴走して花を添え...

2012第十次瀬戸内カヤック横断隊レポート 山口 晴康

第十次瀬戸内カヤック横断隊 and beyond !4年ぶりの横断隊。その出発地豊島に初めてやって来た。集合場所は出発の浜から少し山側に上がったところ。片山邸という大層立派な旧家だ。 かつては材木商として西日本屈指の豪商だったと言う江戸末期の家。風格ある門をくぐり家に 上がると、いたるところ黒光りするケヤキが目に入る。他にも檜、栂など、さすがに立派な材を使っている。でも奇抜な銘木はこれ見よがしに用いず、決して華美...

2012第十次瀬戸内カヤック横断隊レポート 岩城 達之助

第十次瀬戸内カヤック横断隊 レポート岩城達之助 2日目に大島南岸にて離脱した二人のうちの片っぽであります。第十次瀬戸内カヤック横断隊に参加させて頂き有り難うございました。わずか1日半のみの帯同でしたが多くを得ることができ、とても有意義だったと感じています。ただ、ほとんどの隊士の方々とお話をする機会もないまま、ましてお顔とお名前が一致する間もなく別れてしまったことが残念でなりません。せめてここに、わず...

2012第十次瀬戸内カヤック横断隊レポート 小林 恵歴

第十次瀬戸内カヤック横断隊レポート 小林恵歴自分がカヤックと出会ったのは、虹のカヤック隊がきっかけだった。当時18歳だった自分が、特にやりたい事もなく自転車で日本をフラフラしていた時に、上関原発の話や祝島の話を聞き、興味を持ったのが始まり。自分にも何か出来る事があるならと向かった田ノ浦で、祝島の人達と共に原発立地に抗議する虹のカヤック隊に出会った。最初は数日だけと思って行ったはずが、気がついたら虹...

2012第十次瀬戸内カヤック横断隊レポート 東条 雅之

瀬戸内カヤック横断隊に今回初めて参加させて頂きました。ダブル艇で漕ぎ手として、そして撮り手として。カヤックや実力が伴わない自分が参加できたのは多くの方のサポートがあったからだと自覚しています。カヤックを貸し、運んで頂いた井出さん。いろいろなアドバイスをくれたユウジさん、原さん、本橋さん、ランボーさん。ダブル艇で一緒に乗れそうだった方が乗れなくなり、数日前に急遽沖縄から参加してくれたエレキくん。そし...

Appendix

プロフィール

瀬戸内カヤック横断隊

Author:瀬戸内カヤック横断隊
2003年第一次瀬戸内カヤック横断隊からの記録を掲載しています。

検索フォーム

QRコード

QR