→瀬戸内カヤック横断隊について←




←瀬戸内カヤック横断隊隊員の公開グループページはこちらのバナーから。

Entries

スポンサーサイト

大田祐治レポート その?

( 続 山虫火 )初日から  寝坊し起こされ  朝飯も食えず  初孫のお披露目  窓越しに 覗き込む髭づらの海賊  満面の笑みヤドカリのお頭  だましごまかし  痛めた肩で今宵もにぎわう  茂ちゃんの無銭バー  海賊限定ミッション多々羅岬フェリーグライド作戦  ・・インポッシブル還暦カヤッカー  肉体改造までして  足首まで痛めて毒舌欄の浜  黙って端っこにテントを張る  一葉身軽な伝説のカヤッカ...

東山盛元準レポート  第5次瀬戸内カヤック横断隊               

第5次瀬戸内カヤック横断隊、前回の第4次横断隊での経験もあり、今回2度目の参加で、無事完漕する事ができた。行動食が楽に取り出せるデッキバック、荷物をまとめて運べるメッシュバック、パドルフロート(空気注入式)、そして快適な睡眠ができるよう、コンパクトなマットレス等購入、万全な体制だ。食料はというと、時間や手数のかからないようなレトルト食品ばかりとなってしまったので、次回は食メニューを考え、もうちょっと...

航海図

村上さんが自店ステッカーを修正して、横断隊ルートを画像にしてくれています。...

Tarzan503号

第5次瀬戸内カヤック横断隊の記事が、マガジンハウス社 Tarzan 503号「いざっ!!カマ・ク・ラ」#156にて掲載されています。ライターは隊長です、完漕者の良い顔が写ってます。...

村上泰弘レポート 11・23

○11/23 祝島を去る。7時過ぎ、ごそごそと起きだし、前日の残りをめいめいに食べ始める。原隊は、9:30にカヤックで出発ということなので、僕も便乗、庭で干していた荷物をかき集めて大慌て、まるで不倫現場に踏み込まれた男のように、靴下やズボンを抱えて艇に急いだ。おかげで前日ミサチャンが前日のキャンプ地から持ってきてくれた幸せの?黄色い靴下が再び行方不明に。???。(のちにドライバックの中から発見)このあたりの...

Appendix

プロフィール

瀬戸内カヤック横断隊

Author:瀬戸内カヤック横断隊
2003年第一次瀬戸内カヤック横断隊からの記録を掲載しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。