→瀬戸内カヤック横断隊について←




←瀬戸内カヤック横断隊隊員の公開グループページはこちらのバナーから。

Entries

スポンサーサイト

第一次瀬戸内カヤック横断隊報告 高橋義人の報告?

2003年11月25日(火):9日目 (岡山県 渋川キャンプ場?小豆島 土庄港)漕航距離:30Km出発 9:00 岡山県 渋川キャンプ場到着 15:00 小豆島 土庄港航程:渋川キャンプ場→犬戻鼻→葛島・南側→直島・北側→家島・北側→井島・南側 →豊島・南側(=后飛崎→神子ヶ浜→礼田崎)→小豊島・北側(小豊島漁港) →小豆島 土庄港渋川キャンプ場→犬戻鼻出発前に陸上で歩いて行けるところまで行き、海の状況を確認した。正...

第一次瀬戸内海カヤック横断隊・高橋義人の報告?

2003年 第一次瀬戸内海カヤック横断隊・高橋義人の報告日常生活では得ることのできない貴重な経験ができたと思う。僕も今回が初めての遠征であり、特に白石島から小豆島までの約80Kmは生まれて初めての単独遠征となった。正直なところ怖かった。しかし、楽しむことができた。航程報告2003年11月24日(月):8日目 (白石島?岡山県 渋川キャンプ場)漕航距離:48.5Km出発 7:00 白石島到着 17:00 岡山...

第一次瀬戸内カヤック横断隊 2003 航海日誌

第一次瀬戸内海カヤック横断隊 航海日誌2003年11月17日(第1日目)終日晴天・北西軟風・波低し山口県柳井市平生町別府海岸発。出発地点で中国新聞記者からインタビューを受け写真撮影。明朝の記事になる。終始北西風に押され、初日らしい楽なペースで漕ぐ。佐合島?長島間で航路横断の際、艇速の差から集団がばらける。長島?祝島間大型貨物船の航行多し。祝島漁港(祝島東端)奥の天然玉砂利浜に上陸。希少な天然の玉砂利...

第一次瀬戸内カヤック横断隊報告 平田

瀬戸内横断隊2003報告 平田私にとって今回のトライアル?への参加の意義は自作バイダルカの耐航性能の最終的なテストにあった。2000年に完成したこの2号艇は相模湾と三河湾、及び油谷海域における日帰りツーリングに使用したのみで究極的な意味での慣熟漕航を済ませていなかった。荷物の積載量と荷重がかかった状態での水上性能に関しては未知数のまま今回のトライアルへの参加となった。舟体被キャンバスに塗布す...

第一次瀬戸内カヤック横断隊報告 野村誠治

(0)全体を通して・非常に充実した旅でした。ほとんどがプロの方でかつ厳しい海況という、普段ソロで出ることの多い私にとっては非日常的な状況の中で、たっぷり漕ぎ、飲み、話すことができたことは、貴重な経験でした。・瀬戸内を見直しました。漕ぎ始めてから11年が過ぎますが、これまで知っていたつもりの瀬戸内海も、その本当の姿の一部なのだということを、今回見せ付けられたと思います。横浜単身赴任時代に経験した伊豆...

Appendix

プロフィール

瀬戸内カヤック横断隊

Author:瀬戸内カヤック横断隊
2003年第一次瀬戸内カヤック横断隊からの記録を掲載しています。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。